ダイヤモンドの誕生と買取までについて

様々な条件がそろわないと出来ない

ゆっくり何週間もかかるけれど、ダイヤモンド買取できるかも

ダイヤモンド買取で手軽に現金化できて、普段身に付けることもできるダイヤモンドは宝石として高い人気を誇っています。 大きさやグレードなどからさまざまな価格のものが購入できますが、いずれもある程度の値が付くものばかりです。

そんな高い価値のあるダイヤモンドが、スーパーなどで購入できるピーナツバターから作ることができたと話題になっています。 実験はドイツのBayerisches Geoinstitut大学で行われ、もともとは非常に高い圧力のかかっている地下のマントルと、そこから生まれるダイヤモンドなどの鉱物の生成が行われる環境をつくるためのものでした。

こうした実験を行っている過程でダイヤモンドが発生するメカニズムの仮説が生まれ、この説を証明するためにピーナツバターを使ってダイヤモンドの生成に取り組んだのです。 ピーナツバターには、ダイヤモンドを作るのに必要な炭素の以外にも、水素などが含まれています。 生成の過程ではこの水素が弊害となってしまい、そのため何週間もかかるようになり、非常にゆっくりなスピードで完成します。

こうして作られるダイヤモンドは、何週間もかかるほどの時間を費やしたとしても、その大きさはわずか2ミリから3ミリ程度のものです。 ピーナツバターによるダイヤモンド生成の研究は、このケースだけではなく他にも前例があるため、今後のダイヤモンド作りの発展に大きくつながる研究になっています。 ダイヤモンド買取では粒の大きさやカラー、カットなどで査定の価格が異なります。 買取の際により高額の査定を引き出すためには、鑑定書は必ず付けるようにしましょう。

同じダイヤモンドでも鑑定書が付いている場合と、ダイヤモンドのみで査定を受けた場合では、提示される買取額にかなりの差が出てきます。 愛用してきた貴金属をダイヤモンド買取に持ち込む時、できれば高い金額で買い取ってもらいたいという気持ちが生まれるものです。 ダイヤモンド買取に持ち込む前にはほこりなどをきれいにふき取り、身に付ける頻度が高いジュエリーの場合は皮脂の汚れなどが付着していることもあるため、ぬるま湯に中性洗剤を溶かした洗浄液で簡単にクリーニングしておくとよいでしょう。

ただし、エメラルドなどのダイヤモンド以外の宝石がついているときは、石を傷めることになりかねないので、他の石が付いている場合はそれぞれの石の特性を調べてからクリーニングを行うようにしてください。 簡単なメンテナンスを行うだけで、ダイヤモンド買取での提示金額が変わってくるので、少し手間をかけてでも行う価値は十分にあります。